誰にでも手軽に
良質な国産生地を
日本各地の機屋やニッターなどの生地工場から手軽に仕入れ
生地に詳しくなれるマガジン

T/C(ティー・シー)とは?由来や特徴とは?

「T/C」とは素材を表す略称ですが、何かご存じでしょうか?最近ではファッションから人気のキャンプグッズなどのアウトドア向け用品にも多く使用されているのが見かけられます。タグや表記にT/Cと表示されているのを見かけることがあるかもしれません。

機能面にも優れているので、使用用途も多くて優秀な生地です。今回は、「T/C」の魅力について紹介したいと思います。

「T/C」とは?

T/C(ティー・シー)

「T/C(ティー・シー)」とは、ポリエステルとコットン素材を混紡した生地を指します。混紡とは、2種類以上の異なる素材のステープル(短繊維)を、混ぜ合わせて紡績することを言います。化学繊維であるポリエステルの短繊維と天然繊維であるコットンをかけあわせることで、互いの長所を取り入れて、品質面や機能性の向上を生み出す目的として作られます。

「T/C」の由来

「C=コットン」は、想像の範囲内かと思いますが、「T=ポリエステル」に疑問を持たなかったでしょうか?実はこの“T”とは、「テトロン」から来ています。

テトロンとは、1958年に帝人(旧:帝国人造絹絲)と東レが、イギリスのICI社からポリエステルのライセンス生産を始めた際に、共同商標として命名されました。帝人の「テ」と東レの「ト」の頭文字を1つずつ取って、さらにナイロンのロンの部分を取り、「テトロン」と名付けられました。そのため、ポリエステル繊維の総称=テトロンではなく、帝人と東レの開発した糸がテトロンのため、他の糸メーカーのポリエステル繊維を使用した際に、テトロンと表記すると商標権の侵害となるので、注意しましょう。しかし、「T/C」の場合は、帝人と東レ以外の糸であっても、ポリエステル繊維とコットンの混紡製品であれば、T/Cと呼ばれます。

“T/C 50/50”などと表記されていれば、ポリエステル50%とコットン50%の比率で配合されていることを指します。この比率はどちらの素材の特徴や性質が多く含まれるかの参考値となるので、T/C素材の使用を検討する際は要チェック項目です。

T/C生地の特徴とは?

ポリエステル繊維とコットン繊維の両方の性質を持つT/C生地には、どのような特徴があるのでしょうか?

吸水・速乾性がある

コットンの特徴でもある吸水性に優れた特性と、ポリエステル繊維の特徴でもある水分を含まない性質が掛け合わせることによって、吸水性と速乾性を持ち合わせた生地に仕上がります。コットンの配合率が高いほど、吸水性は高まるでしょう。ポリエステル繊維を含めることで、吸水する繊維と吸水しない繊維が混紡されるので、乾きやすく速乾性を高めてくれます。

縮みにくい

コットンは、吸水すると繊維が縮まる性質があります。ポリエステル繊維が含まれることで、吸水しても縮みにくくなるので、性量の安定性にも繋がります。洗濯しても服が縮みにくいので、ケアラベル通りの洗濯処方に従えば、縮んで着られなくなることもないでしょう。さらにポリエステルは熱セット性が高く、熱をかけて生地巾を設定すると、あまり伸び縮みは起きません。形状記憶力があり、合成繊維の安定性が加わります。

メランジ 調にも無地にも染色できる

ポリエステル繊維とコットン繊維の反応する染料の違いから、色が混じりあった霜降り調のようなメランジに染色することができます。ポリエステルは分散染料に反応して染色され、コットンは主に反応染料によって染色されます。片浴染めと呼ばれる片方の素材のみ染色して、もう片側の素材を晒(さらし)のまま残す染色方法を取ることで、片側だけの繊維が染まり、メランジ調に仕上がります。ポリエステルとコットンの配合比率によって、メランジの仕上がり方は異なります。

メランジ調ではなく無地染を希望する場合は、二浴染めと呼ばれる方法で染色することで無地染に染色が可能です。二浴染めとは、二種類の混紡生地を染色する際に使用される染色法の一つで、片側の繊維を染色した後に、もう片側の繊維を染色します。ポリエステル側を分散染料で染めて還元洗浄して、余分な染料を落とした後に、反応染料でコットン側を2回に分けて染色します。同じ色で両方の繊維を染色することで、無地の染色も可能です。

同じ生地を使用して、無地とメランジの展開をすることも可能なので、印象の異なるバリエーションを増やしやすくなります。

天然繊維の風合い

コットンは天然繊維ですが、ポリエステルもステープルで繊維が短くカットされていることにより、コットンらしい風合いを消しません。柔らかいコットンの毛羽感のある風合いを活かして、直接肌に触れるTシャツやインナー、ポロシャツやアウターなどのさまざまな製品に使用されています。

かさ高性のある生地に仕上がる

ステープル繊維で作られるT/C生地は、フィラメント繊維で作られる生地と比較して、かさ高性のあるふんわりした生地に仕上がります。1本1本の繊維が短いため、繊維と繊維の間に空気が含まれ、ボリューム感のある生地になります。

光沢感を抑えたナチュラルな見た目

ステープル繊維の場合は、フィラメント繊維で作った生地よりも、毛羽や光の乱反射が起きるため、マットで光沢感を抑えた見た目に仕上がります。合成繊維を含めながらも、ナチュラルな見た目になるので、柔らかい印象を与えることができるでしょう。

静電気が起きにくい

ポリエステルを含めた化学繊維は、静電気を発しやすい素材です。しかし、帯電しにくいコットン素材をかけ合わせることによって、静電気を防いでくれます。

燃えにくい

ポリエステル自体は、耐熱温度は高いですが、着火すると燃えやすく溶融しやすくなります。そのため火の粉が飛ぶと、すぐに溶けて穴が開いてしまうかもしれません。コットンは、発火しづらく燃えにくい素材のため、コットンを混紡するT/C生地は燃えにくい生地に仕上がります。そのため、キャンプテントへの使用に人気があり、キャンパーであればT/Cは慣れ親しみのある言葉かもしれません。ただし、燃えにくいとされるコットンも、油がしみ込んだ状態では発火しやすいので注意が必要です。また、コットンも約280℃を超えると溶融するので、あまり近くで焚火や火を使わないようにすることが安全です。

耐水性がある

コットンは水を含むと膨張する性質があります。そのため、ある程度の密度を混ませて作られた生地であれば、水分を含んだ際に繊維が膨張することによって、中に水を通しにくくなります。さらに撥水加工や防水コーティングが施されている場合は、より耐水性が高まるでしょう。

まとめ

POINT

T/C(ティー・シー)

  • ポリエステルとコットン素材を混紡した生地

「T/C」の由来

  • T=テトロン(帝人と東レのポリエステル繊維の共同商標)
  • C=コットン

T/C生地の特徴

  • 吸水・速乾性がある
  • 縮みにくい
  • メランジ調にも無地にも染色できる
  • 天然繊維の風合い
  • かさ高性のある生地に仕上がる
  • 静電気が起きにくい
  • 燃えにくい
  • 耐水性がある

T/Cはポリエステル繊維とコットン繊維をかけ合わせたハイブリッド繊維だということが伝わったでしょうか?素材のかけ合わせは、互いの長所を引き出して、短所をカバーしてくれるので、大きなメリットを生み出すことができます。今までにない性質を生み出すには、うまく素材をかけ合わせていくといいでしょう。

生地の種類 ナイロンとポリエステルの違いとは? アパレル製品には欠かせない存在となった合成繊維。合成繊維の中でもよく衣料品に使用されるのが、ナイロンとポリエステルです。実際、...
tunageru のバイヤー登録はこちらから

50社以上の日本が誇る生地産地の機屋、ニッターなどのテキスタイルメーカーから生地を仕入れられます。

tunageruは、株式会社ディープラストレーディングが運営するインターネットで複数の生地メーカーから生地を仕入れることができるモール型のBtoB ECプラットフォームです。バイヤーは、登録料、固定費無料でご利用いただけます。まずは登録して、ぜひ検索してみてください。
新規会員登録