誰にでも手軽に
良質な国産生地を
日本各地の機屋やニッターなどの生地工場から手軽に仕入れ
生地に詳しくなれるマガジン

裏地に適する生地とは?素材選びと裏地生地の特徴とは?

前回は、裏地の役割と重要性のお話をさせていただきました。

裏地を使用する目的とは?裏地の重要性と役割 コートやアウターの裏についている裏地生地には、カラフルなものやプリント柄が施されたものまで、多種多様な種類の生地がありますよね...

裏地には、シンプルな無地から、プリントを施してある生地、ジャガードなどの組織で模様を作った生地など多種多様な生地が裏地に使用されています。

今回は、ガーメントを作るうえで必需品でもある「裏地」にはどのような生地が適しているのかについて紹介したいと思います。

今回はそんな「裏地生地」にはどのような目的があって使用されているのかについて紹介したいと思います。

裏地に使用される素材とは?

数え切れないほどの種類がある裏地ですが、使用される素材もたくさんあります。裏地に使用される代表的な素材とはどのような素材なのでしょうか?

ポリエステル

裏地の多くは、安価で安定性の高いポリエステルの素材を使用されています。丈夫でシワになりにくく、形状安定性にも優れています。摩擦に強く、発色性にも優れています。プリント加工を施すことにも優れていて、転写プリントなどの多くのプリント処方と相性がいいです。

静電気が発生しやすいデメリットがあるので、静電気防止の加工を施されることもあります。

ナイロン

ポリエステルよりも高い強度を持つナイロン繊維は、摩擦耐性にも強く引っ張りへの強度が高い素材です。デュポン社のナイロン開発当時のキャッチフレーズは「鋼鉄よりも強く、クモの糸より細い」だったように、非常に強度に優れた合成繊維です。釣り糸にも使われているように、強度に関しては抜群に優れているので、製品寿命をぐっと伸ばしてくれるでしょう。

シルク

裏地の最高級ランクに使用されるのは、シルク繊維です。滑るようななめらかな肌触りと、美しい光沢感がシルク最大の特徴です。敏感肌にも優しい繊維と言われる天然繊維の中でも唯一の長繊維です。

機能面でも裏地との相性はよく、静電気が起きにくいうえに吸湿性と放湿性に優れているので、汗や水分を素早く吸収して、外に放出する力を持っています。保温性にも優れ、糸の強度も高い点は、裏地には欠かせない要素を多く持ち合わせています。

デメリットは、黄変しやすい点で、時間が経つに連れて黄色く変色してしまう可能性があります。濃色で染色すれば、黄ばみに気付きにくいので、白色よりも濃い目の色で染色することがおすすめです。また、シルクはたんぱく質でできている繊維のため、虫食いの心配があります。メンテナンスをすることで、長く着用することができるので、保管とメンテナンスに気を配る必要があります。

キュプラ

キュプラは高純度の木材パルプや、コットンリンターと呼ばれる綿の実の種子の表面に付いている産毛のような短い繊維を原料として作られる再生繊維です。

キュプラは、繊維が丸く、滑りのいい表面で、肌触りがいいことが特徴です。摩擦が起きにくく、静電気が起きにくい繊維でもあります。

引用:化学繊維のかたち|日本化学繊維協会(化繊協会) (jcfa.gr.jp)

さらに原料がコットンやパルプのキュプラは、吸湿性と放湿性を持ち合わせているので、汗を素早く吸収して、発散してくれるので、べたつきにくいので着ていても不快に感じることはありません。

キュプラは裏地として、適した機能をたくさん持ち合わせている繊維です。高級スーツの裏地にも使用される裏地には重宝されている繊維です。

レーヨン

レーヨンは、日本語で書くと「人絹(人造絹糸)」と書かれるように、人工的な絹を作るために木材パルプを原料に開発された再生繊維です。シルクと糸断面が似ているだけでなく、特徴や性質も似ています。

シルクのような美しい光沢感と、滑るようななめらかな肌触りが特徴です。さらに吸湿性にも優れているので、ムレを吸収して外に放出することで、常に快適な衣服環境を整えます。

デメリットとしては、水を吸うと縮むことと、強度が下がります。また、摩擦に弱い点と、シワになりやすい点が難点です。

裏地に使用される生地の特徴とは?

裏地の代表組織

裏地の多くは密度の詰まった織物が使用されます。織物の組織としては、下記の組織の生地が裏地に使用されています。

平織(ひらおり)

織物の中ではベーシックで、経糸と緯糸を交互に織って構成されます。裏表がなく、頑丈で摩擦に強い織り方です。表面もフラットなため、加工やプリントなどが載せやすく、洗濯しても、崩れにくく耐久性の強い組織になります。裏地にはプリント品も多く使用されるので、凹凸の少なく、型崩れしにくい平織は、多くの裏地に使われている組織です。

綾織(あやおり)

綾織は経糸もしくは緯糸を2-3本飛ばして織られます。デニムが代表的な綾織組織で、右上がりもしくは左上がりになっていることが特徴です。ハリとコシがあり、平織に比べて滑りがよくなるので、コートやジャケットなどの裏地によく使われています。平織よりも柔らかく生地が仕上がり、シワになりにくい特徴があります。

朱子織(しゅしおり)

経糸もしくは緯糸を4-5本以上飛ばして織られます。滑りが非常よくなるので、肌触りがシルクのように滑らかで、シワになりにくく光沢感があります。光沢が強いので、上品で高級感のある印象となり、スーツなどの裏地によく使用されています。平織に比べて飛ばす糸が多く、糸が浮いている距離が長い分、引っかかりやすくなり、耐久性が下がることが難点です。

見えないところにも気を遣うことで、おしゃれな印象を与えることができます。

ジャガード組織

ジャガード織とは、織技術でプリントのようなデザイン性のある柄を再現した生地のことを指します。織物の組織を変えながら柄を作るので、プリントにはない立体感が生まれます。デザインの自由度が高く、他の織機では再現できない模様を作ることもできます。

裏地に少し違ったデザインやアクセントをつける場合に使用される織り方です。

ドビー組織

ドビー織機で作られる織物生地です。平織や綾織などの織り方を変えたり、糸の太さや先染め糸を使用するなどしてデザイン性のある織物を作る「変わり織り」の一種です。小さなリピート性のある規則正しい柄を作ることができます。ストライプや単調な花柄、規則性のある幾何学模様などを作ることはできますが、ランダムの模様を作ることはできません。デザインの幅には限りがありますが、効率よく生産できるので、コスト面ではジャガードよりもアドバンテージがあります。

プリント品

プリント品も裏地には多く採用されています。さりげないドット柄から、派手で目を引くアニマル柄やペイズリー柄などたくさんの種類のプリント素材が使用されています。素材に合わせて、転写プリントやスクリーンプリント、デジタルプリントなどのプリント法で仕上げられます。

フリース素材

特に冬物向けに活躍するのがボアやフリースタイプの裏地です。柔らかく肌触りもよく、さらに熱を逃がしにくい構造で保温性に優れているので、冬物のアウターやコートの裏地によく見かけられます。

まとめ

POINT

裏地に使用される素材

  • ポリエステル
  • ナイロン
  • シルク
  • キュプラ
  • レーヨン

裏地に使用される生地の特徴

  • 代表的な組織:平織(ひらおり)、綾織(あやおり)、
           朱子織(しゅしおり)、ジャガード組織、ドビー組織
  • プリント品
  • フリース素材

裏地は、素材や色・柄など選択肢が無限大に存在しています。

用途や素材が持っている性質と掛け合わせて素材選定をしてみてはいかがでしょうか?

高級裏地としても活躍!「キュプラ」の特徴とは? 「キュプラ」という生地を聞いたことがありますか?裏地としても適する要素をたくさん持ち合わせているので、高級スーツやコー...
tunageru のバイヤー登録はこちらから

50社以上の日本が誇る生地産地の機屋、ニッターなどのテキスタイルメーカーから生地を仕入れられます。

tunageruは、株式会社ディープラストレーディングが運営するインターネットで複数の生地メーカーから生地を仕入れることができるモール型のBtoB ECプラットフォームです。バイヤーは、登録料、固定費無料でご利用いただけます。まずは登録して、ぜひ検索してみてください。
新規会員登録