生地に詳しくなれるマガジン

再生繊維とは?種類や特徴を解説

再生繊維とは

再生繊維とは

再生繊維とは、天然のセルロースなどからなる木材や綿などの天然繊維を、化学反応によって一度溶解して、再度紡糸して作られます。一度溶解してから、再紡糸(再生)することから、再生繊維と呼ばれています。

再生繊維=天然繊維を一旦溶解して、再紡糸して作る

では、なぜ一度溶解するといった手間をかける必要があるのでしょうか?

それは、天然繊維のデメリットを補えるからです。従来短繊維だったものを、溶解して再形成することで、短繊維に留まらず1本の長い糸(長繊維)に変えることができます。

基本的に再生繊維の素材となる天然繊維は、短繊維になります。天然繊維の代表としてコットン(綿)をイメージしていただきたいのですが、綿を引っ張るとすぐにちぎれる印象はないでしょうか?コットンが1m以上も長い繊維だという印象はないですよね?

短繊維は長繊維に比べて、強度が弱いのです。一本の糸が短いため、摩擦に弱く毛羽立ちやすかったり、糸強度が低いため破れやすいのです。溶解して、長繊維にすることで、天然由来のサステイナブル素材でありながら、天然繊維のデメリットをカバーする優れた繊維なんです。

再生繊維の種類と特徴は?

再生繊維は、大きく4つの種類があります。レーヨン・キュプラ・ポリノジック・リヨセル/テンセルです。

どれも同じセルロース由来の天然繊維から再生されているため、共通する特徴も多々あります。

中には聞き馴染みのない繊維もあるかもしれません。

それぞれの特徴を知って、用途に合わせて使い分けてみませんか?

レーヨン

レーヨンは、日本語で書くと「人絹(人造絹糸)」と書かれるように、人工的な絹を作るために開発されました。

そのため、糸の断面を見ると、シルクに似た三角形のような形をしています。この三角形の断面により、光を反射するため、シルクのような、光沢感やツヤのある繊維です。

引用:日本化学繊維協会化学繊維のかたち|日本化学繊維協会(化繊協会) (jcfa.gr.jp)

レーヨンの原料は木材パルプから成っています。そして、長繊維も短繊維も両方の生産がされています。

長繊維・短繊維の両方を使用して、アパレルから産業用など幅広く使用されています。

レーヨンの特徴と言えば、人絹と書くだけあって、シルクの特徴と似ています。先ほど紹介した光沢感といった外観だけではなく、肌触りの良さや、吸湿性に優れている点が特徴です。湿気を吸ってくれるため、着心地はとてもいいこと間違いなしでしょう。

デメリットとしては、水を吸うと縮むことと、強度が下がります。また、耐摩耗性が弱いため、洗濯が容易ではないことが難点です。幅広い用途に使われていますが、洗濯には最大限の配慮が必要です。なるべく短時間で、刺激を減らし優しく手洗いするといいでしょう。

原料:木材パルプ(成分:セルロース)

特徴(メリット)

  • 光沢感がある
  • 発色性がいい
  • 肌触りがいい
  • 吸湿性・吸水性がいい

特徴(デメリット)

  • 水に濡れると縮む、強度が弱くなる
  • 摩耗耐性がない
  • 洗濯が難しい
  • シワになりやすい

キュプラ

キュプラはスーツの裏地などに主に使われている高級繊維です。ベンベルグ®と呼ばれることもありますが、ベンベルグ®は、旭化成が持つ商標になります。

キュプラは吸放湿性に優れているため、「呼吸するような繊維」と言われています。湿気を吸って、外に放出するので、ムレにくい素材です。

糸が丸いのが特徴で、滑りがよく肌触りがいいです。また、静電気も逃がしてくれるので、裏地として活躍していることに納得ですよね。

引用:日本化学繊維協会化学繊維のかたち|日本化学繊維協会(化繊協会) (jcfa.gr.jp)

さらに注目されているポイントは、生分解性が高いことです。生分解性とは、土に埋めた時に土に分解される(土に還る)ことで、キュプラはこの生分解の速度が速いのです。ペットボトルのように自然界に残留することがないため、サステイナブル素材として知られています。

そんなキュプラの原料は、コットンの種の産毛(コットンリンター)を溶解して、糸にします。

原料:コットンリンター(成分:セルロース)

特徴(メリット)

  • 吸放湿性がある
  • 静電気が起きにくい
  • 肌触りがいい
  • 生分解性が高い

特徴(デメリット)

  • 水に濡れると縮む、強度が弱くなる

(レーヨンよりは若干改善されている)

  • 摩耗耐性がない
  • 洗濯が難しい

ポリノジック

ポリノジックはレーヨンに非常に似ている繊維です。

原料はレーヨンと同じく、木材パルプ(成分:セルロース)のため、特徴や扱い方もレーヨンとほぼ同等です。

ポリノジックはレーヨンの短所をカバーするために、作られた繊維と言われます。

比較するのであれば、レーヨンより吸水性が下がります。そのため、水に濡れると弱くなる点は、ポリノジックでは若干改善されています。しかし、レーヨンと同じく洗濯には注意が必要で、短時間で洗濯することが望ましいです。

原料:木材パルプ(成分:セルロース)

特徴(メリット)

  • 光沢感がある
  • 発色性がいい
  • 肌触りがいい
  • 吸湿性・吸水性がいい(レーヨンより劣る)

特徴(デメリット)

  • 水に濡れると縮む、強度が弱くなる
    (レーヨンよりは若干改善されている)
  • 摩耗耐性がない
  • 洗濯が難しい
  • シワになりやすい

リヨセル

リヨセルの原料はユーカリの木材です。ユーカリの葉は、コアラの好物としても認知されていますよね。

また、リヨセルを使った商品が、テンセルと表記されていることがあります。

かって、リヨセルはオーストラリアのレンチング社の商標で、テンセルはイギリスのコートルズ社が商標としていました。

2004年にこの2社が合併をしたことにより、現在ではレンチング社が”テンセル”をブランド名とし、”リヨセル”は総称として呼ばれています。テンセルブランドとして、テンセルリヨセル、テンセルモダールを展開していますが、実際の商談などの際、テンセルは、テンセルリヨセルを指していることが多いです。

リヨセルの特徴は、他の再生繊維にも当てはまりますが、シルクのような光沢感があります。吸湿性も高く湿気を吸った後にも縮みにくい素材であると言われています。繊維の形状はキュプラのように丸く、肌触りがいいことも特徴です。

リヨセルのデメリットは基本的には、他の再生繊維と似ています。特筆すべき点としては、白化がしやすい素材です。白化とはフィブリル化とも呼ばれていて、生地の表面が白っぽくなる現象です。原因としては、摩擦によるケバ立ちになります。

下記の写真で、突出している繊維がリヨセルですが、周りの繊維に比べて白化しているのが分かります。

原料:ユーカリの木材(成分:セルロース)

特徴(メリット)

  • 光沢感がある
  • 肌触りがいい
  • 吸湿性・速乾性がいい

特徴(デメリット)

  • 水に濡れると、強度が弱くなる。
    (レーヨン・キュプラよりは若干改善されている)
  • 摩耗耐性がない
  • 洗濯が難しい
  • 白化しやすい

基本的にどの素材も吸湿性や肌触りの良さ、また天然由来であることから生分解性があります。吸湿性があると静電気が起きにくいので、全体として似た特徴があります。

まとめ

POINT

再生繊維とは、天然繊維を一旦溶解して、再紡糸された繊維 
再生繊維の種類
 レーヨン(原料:木材パルプ)
 キュプラ(原料:コットンリンター)
 ポリノジック(原料:木材パルプ)
 リヨセル(原料:ユーカリの木材)
再生繊維の特徴
   生分解性
   吸湿性
   静電気耐性
   天然由来の肌触りの良さ
   水には弱く、洗濯の取り扱いは注意!!
   摩擦に弱い

天然繊維より強度アップしながら、合繊(ナイロンやポリエステル等)にはない、天然繊維の特徴も残した再生繊維は魅力的な素材ですよね。近年、環境に対する取り組みも進歩しているため、再生繊維の特徴である生分解性は今後もニーズが高まることでしょう。

tunageru のバイヤー登録はこちらから

50社以上の日本が誇る生地産地の機屋、ニッターなどのテキスタイルメーカーから仕入れができます。登録料、固定費無料。登録して、ぜひ検索してみてください。

新規会員登録