誰にでも手軽に
良質な国産生地を
日本各地の機屋やニッターなどの生地工場から手軽に仕入れ
生地に詳しくなれるマガジン

「生地問屋」と「テキスタイルコンバーター」の違いや強みとは?

以前にも「生地問屋」と「テキスタイルコンバーター」についての記事を投稿させていただきましたが、イメージはつかめたでしょうか?今回は、特に「テキスタイルコンバーター」の位置づけや役割について、より詳しく追及していきたいと思います。

生地問屋とテキスタイルコンバーターの違いとは?

「生地問屋」とは?

生地問屋とは、定義上では「生地生産者の代行販売の位置づけ」で、アパレルメーカーやなどへ販売して、生産者と買い手の仲介の役割を果たしています。

「テキスタイルコンバーター」とは?

「テキスタイルコンバーター」は、生地メーカーとアパレルメーカーとの間に入る生地問屋の中で、服地製造卸業を専門とする業種に位置づけています。アメリカなどではこの「コンバーター」とういう業種は、問屋の中でも商品の横流しだけでなく、企画する機能も持ち合わせた問屋を指します。「原糸生産」から「紡績」、「生地組織」、「染色・加工」、「縫製」、「販売」の各分野の業者と連携を取りながら、製品の製造・販売をコントロールしています。買い手が求める生地を具現化するために、それぞれ適した糸、織り方や編み方、染色や加工などにおいて、最善の生産背景を組みます。そのため、テキスタイルコンバーターには、テキスタイル生産において、幅広く高度な知識が求められます。

この「テキスタイルコンバーター」とは、繊維業界の中でも「川上」に属する業種です。

繊維産業は、生産・流通段階で分業体制が取られており、原糸メーカーから生地を織ったり、編んだりする機屋、染色工場など、非常に多くの業種に分かれています。それぞれの段階の業種を、川の流れに例えて、「川上」・「川中」・「川下」と区別して表現します。

川上・川中・川下とは?

川上

川上とは、原料の生産に関わる業種を指します。糸の生産に関わる原糸メーカーや、生地の生産に関わるテキスタイルメーカー、そして、「テキスタイルコンバーター」もこの位置に属します。

川中

川中は、商品の生産に関わる業種です。川上から受け取った生地を使って、商品(服)に仕立てる製造業です。商品の企画と製造して、小売に商品を卸すアパレルメーカーや、デザインを手がけた商品に、ブランドイメージや知名度の高さで勝負するデザイナーズブランドなどが挙げられます。

川下

川下とは、主に販売業を指し、小売りへの流通に関わる業種です。川中の商品を仕入れて、店頭やオンラインなどで販売します。

繊維産業は分業されていますが、兼業して商品生産に関わる企業もあります。例えば、「SPA」は川中から川下の両方の役割をこなします。最近は、SPAのような兼業する企業も多くみられるようになりました。

SPAとは「Specialty store retailer of Private label Apparel」の略で、日本語では「製造小売業」など訳されます。アパレル小売業とメーカーの両方の役割を併せ持ち、商品の企画から生産・縫製、そして販売までを行います。川中から川下まで兼業することで、間に入る業者を必要としないため、コストの削減ができることがメリットになります。また、販売を自身で行うことで、マーケットの動向やトレンドにいち早く対応することができます。しかし、生産もコントロールするため、生産ロットが必要となり、それを売り切る販売ルートがなければ、在庫になるリスクがあります。ある程度の販売規模やブランドネームがなければ、厳しいと言われています。SPA業種の例としては、低価格で定評のあるUNIQLOやZARAなどが知られています。

「テキスタイルコンバーター」の強みとは?

企画から生産の管理をするテキスタイルコンバーターですが、メーカーとの違いは、自社工場を持たず、直接的な生産機能を持ちません。企画や開発をして、工場やメーカーに依頼をすることで、モノつくりをします。自社工場を持たないことは、コスト面や納期面などでデメリットをイメージされるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

自社工場を持つことで、設備投資に膨大な金額が必要になります。また、競合他社との差別化を図るために、多くのメーカーは幅広い生地開発を取り組むよりも、自社が得意とする生産に特化して専門性を高めていきます。そのため、企画・開発の範囲が狭まります。

それに比べてテキスタイルコンバーターは、自社工場がない分、さまざまな工場やメーカーとコンタクトを取り、モノつくりを進めることができます。企画や開発に制限がない分、天然繊維から合成繊維、さまざまな加工糸を制限なく仕入れることができたりと、商品のバラエティーを豊富に取り扱うことができます。ジャンルのことなる生地を1か所でそろえることができることは、問屋やテキスタイルコンバーターの強みになります。

そして、取引先の工場やメーカーが多いほど、テキスタイルコンバーターとしての開発の幅も広がります。メーカー同士では相容れないコンビネーションなども作ることができるかもしれません。そして、その企画や開発幅は、依頼者の要望をうまく具現化することに繋がるでしょう。なかなか自分の理想の生地に出会えない人には、テキスタイルコンバーターを介して商品開発することも一つの手です。

企画・生産において豊富な知識で、要望の商品を作り上げるサポートとなるでしょう。繊維はかなり奥が深く、知識なく開発することは非常に難しいと言えます。素材の理解、糸の選び方、織り方・編み方、加工条件など、たくさんのことを視野に入れながら開発します。素材によっての縛りや微妙な染色・加工条件を変えないといけなかったりと、とても繊細です。テキスタイルコンバーターは、このような細かい条件も各工場と密にコンタクトを取りながら商品開発をするので、このような管理を代行できることは大きなアドバンテージです。

テキスタイルコンバーターは、もちろん問屋としての機能も持ち合わせているので、ある程度のストックを抱えていることから、在庫品では少量の販売が可能になります。また、新規生産の場合でも、小ロット対応できることもあります。柔軟な対応が可能な点が、テキスタイルコンバーターの強みです。

まとめ

POINT

生地問屋

  • 生地生産者の代行販売の位置づけにあり、生産者と買い手の仲介者

テキスタイルコンバーター

  • 問屋の役割に加えて、企画・開発の機能を持つ業種

テキスタイルコンバーターの強み

  • 豊富な商品
  • 企画力・開発力がある
  • 開発できる幅が広く、依頼者の要望に沿った商品作りをしやすい
  • 豊富な知識と経験を持ち合わせている
  • ストック機能
  • 小ロット対応

いかがでしたでしょうか?

問屋の中でも、開発もこなしてしまう「テキスタイルコンバーター」。ここに来れば大概のモノは揃う、繊維界のコンビニエンスストアのような存在でしょうか?さまざまな客層に対応する商品ラインナップや、トレンドにアンテナを立てた自社開発製品の販売などは、なかなか専門メーカーでは実現できない強みです。

生地問屋とは テキスタイルコンバーター、産元商社など生地販売企業について 繊維業界の方にとっては、生地問屋は馴染みが深く、直接、仕入れをしているアパレルメーカーや卸している生地メーカー以外にも...

tunageru のバイヤー登録はこちらから

50社以上の日本が誇る生地産地の機屋、ニッターなどのテキスタイルメーカーから生地を仕入れられます。

tunageruは、株式会社ディープラストレーディングが運営するインターネットで複数の生地メーカーから生地を仕入れることができるモール型のBtoB ECプラットフォームです。バイヤーは、登録料、固定費無料でご利用いただけます。まずは登録して、ぜひ検索してみてください。
新規会員登録